ちんこ 小さい悩み 手術

ちんこのサイズアップは手術しない

とにかくちんこを大きくしたいんだ、コンプレックスなんだとお悩みの男性。

 

本当に悩んでいる人というのは、自分の悩みに関する情報に目が止まり、気になったワードや情報が脳裏に残ります。

 

つまり雑誌なんかを読む人はサイズアップの方法とかを無意識的にでも見ていたりしますし、町中の看板なんかでなんとか美容外科のペニスのサイズアップの看板を見ていた情報を知らずのうちに持っていたりします。

 

そしてペニスの大きさは手術で治るという刷り込みをされている人も少なくないわけです。

 

ちんこのサイズアップは病院で出来る

美容整形外科の一部のところでは、ペニスを手術で大きくすることも出来ます。

  • 大きくする場合だったり長さを出したい人
  • 太さが細い人が太くしたい人
  • 勃起しても大きくなりにくい人

 

いろんな悩みがいるのですが、まず美容整形外科では基本的に最善の方法でサイズアップを試みます。

 

ちんこを大きくする手術の内容

ちんこをサイズアップする増大手術では、ペニスの中身である海綿体の形を整えたり、大きくするための整形をしたりするわけです。
ペニスを切開する必要があるというわけですね。それによって実際にちんこのサイズを変えて大きくすることも可能なわけです。

 

痛そうな気がしますけど、包茎手術と変わらないでしょう。

 

海綿体がねじれているようだと膨張しようにも膨らむ余地が無いわけですし、膨張するスペースに入り込むように整形をすることで、ちんこのサイズアップに繋がることも可能なのはよく分かります。

ちんこの増大にかかる費用

 

手術なのですからもちろん費用がかかります。

 

病気ではないのでほとんど保険は適用できません。美容整形ってそういうものですから。

 

そして大体の価格なんですが、30〜80万円程度かかるところが多いようです。

 

大手の病院だと高くなります。かといって無名の病院で美容整形するのも怖いですからね。

 

実績の高い病院をネットの情報なのか、クチコミなのかで情報収集しなければなりません。

 

いずれにせよ大金が飛んでいきます。

 

事前に相談なんかでどんな感じになるのかイメージを伝えてもらうことになりますが、時分のちんこが小さい悩みが本当に解決できそうなのか、よく考えてから自己投資することになります。

 

手術しないでちんこを増大する

なので私個人ではメスをいれる前にサプリメントで試してみてよ、って思うわけです。

 

海綿体に血液が行っても大きくならないとは思えませんし、それでもダメならメスを入れればいい。

 

手術は体に切込みを入れて、手直しするわけです。リスクが付きまといます。費用も。

 

その分サプリメントは高くても2万円程度。

 

時間は2ヶ月位見ておけばいいと思うので、費用対効果なんかも考えてみてください。

 

増大サプリではリスクもありませんので、絶対に試すべき手術前の準備だと思います。

 

私は断然メスを入れる前にサプリをおすすめします。サプリでちんこ増大に成功している実績があるので・・・